自動で管理してくれる|エネルギーの消費量を調整する自動制御|省エネに役立つ設備
男女

エネルギーの消費量を調整する自動制御|省エネに役立つ設備

自動で管理してくれる

ビル

省エネのために、多くの企業は契約電力を目安として節電を行なうものです。ビルの管理を行なう場合、消費電力がこの契約電力での目標値を超えて電力を使用してしまったのであれば、手動で各種の機器の使用を控えて省エネを行なうものです。しかし、こうした機器を手動で修正する場合、目標値よりも超過していることに気づかない場合もあるため、完璧に電力消費量をコントロールすることは出来ません。また、超過してしまった後に、過度に消費電力を抑制させてしまうことも考えられるでしょう。逆に、業務効率を下げてしまう結果となる場合もあるので問題となるのです。クラウド型のビル管理システムを利用することで、目標値に沿った電力削減を行なうことができます。管理システムは随時消費電力の推移を感知しており、消費電力が目標値を上回った場合は自動ですぐに消費電力を抑制してくれるため、効果的に消費電力の制御が行えます。目標値は自由に設定できるため、業務効率を下げずに高い効果で省エネが行えるとして、多くの企業に利用されています。

クラウド型のビル管理システムでは、消費電力を抑制するため、機器を自動停止することがあります。自動停止を行った場合、同時にメールでそのことを知らせてくれるため、ビル管理を行なう上で便利に利用することができるでしょう。メールで緊急停止を知らせてくれるため、もしも止められた設備が企業に取って必要なものであれば、止めても問題のない機能を止めて再稼働させる、といった柔軟な対応が行えます。さらに、メールで通知するため、どの時間帯にどの機器によって目標値を超えられたかが分かるため、今後の省エネ対策としてデータを利用することができるでしょう。