消費電力を把握できる|エネルギーの消費量を調整する自動制御|省エネに役立つ設備
男女

エネルギーの消費量を調整する自動制御|省エネに役立つ設備

消費電力を把握できる

女の人

クラウド型のビルの管理システムを導入することで、ビルが一日に消費している電力の総量を把握する事ができるため、省エネによる対策を立てやすくなります。一日に消費している電力量が把握できれば、時間毎にどの設備で電力を消費しているかがわかります。より多くのコストを消費している機器が分かれば、機器の使用をどのように抑制するべきかといった道筋がわかります。さらに、使用している全ての機器の消費電力が表示されますので、業務に直接関係のない物の使用をストップさせることで、高い省エネ効果を得る事ができるでしょう。クラウド型の管理システムであれば、リアルタイムで電力消費の推移がわかるため、どのような業務で消費電力が変化するかといった細かい場所にまで目を向けることが可能となります。まずは、それぞれの詳細について把握しておきましょう。

クラウド型の管理システムでは、各機器によって消費される電力の増減がわかるため、省エネのためにハッキリとした目標を建てることができるでしょう。社員一人一人に節電を呼びかけたとしても、実感としてどれほど電力を浪費しているか、といったことはわからないため、節電に非協力的な社員も現れてしまうものです。しかし、クラウド型の管理システムであれば、グラフによってリアルタイムでの増減を視覚的に理解する事ができるため、社員一丸となって節電に協力することができるでしょう。社員の意識を変化させるためにも、こうしたシステムは効果的なのです。